© Musica Chiara Management LTD. All rights reserved

シーヨン・ソン Shi-Yeon Sung

 

指揮/Conductor

 

韓国人指揮者シーヨン・ソンは、2006年のサー・ゲオルグ・ショルティ国際指揮者

コンクール優勝以来、国際的にもっとも注目を集める若手指揮者のひとりとなった。

2007/2008シーズンには、ボストン交響楽団のアシスタント・コンダクターに2年の

任期で就任した。

 

2008/2009シーズンは、2007/2008シーズンにデビューを飾ったソウル・フィルハー

モニック・オーケストラを再び指揮した。また、同じく2007/2008シーズにデビュー

したスウェーデンのヘルシングボリ交響楽団とは、今後毎シーズン2回指揮する予定。

2008/2009シーズンはじめのストックホルム王立歌劇場管弦楽団デビューの成功によ

り、2009/2010のグルック:歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」の再演が決定、

2009年春のロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団デビューも決定

した。さらに、指揮フォーラムの一環として、ベルリン・コンツェルトハウス・オー

ケストラとのコンサートのためにドイツに戻る予定である。

 

アメリカでは、2007年夏、高い評価を受けたタングルウッド音楽祭デビューに続い

て、ボストン交響楽団の主要な定期演奏会を、またミルウォーキー交響楽団を指揮

する予定。2008年夏は、ロスアンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団指揮者の

代行を急遽務め、突然のデビューながら大きな成功を修めた。

 

2009/2010には、ロッテルダム・フィルハーモニック・オーケストラにデビュー予定。

 

これまでに、バンベルク交響楽団、フランクフルト博物館管弦楽団、ニュールンベルグ交響楽団、プリンストン交響楽団、ベルリン交響楽団、ベルリン・シンフォニカー、アルンヘム・フィルハーモニー管弦楽団等を指揮している。

 

2007年4月、バンベルク、グスタフ・マーラー指揮者コンクールにて優勝。2004年には、ジャーマン・ミュージック・カウンシル・指揮フォーラムのコンクール、およびドイツ、ゾーリンゲンにて開催された女性指揮者コンクールにて優勝。

 

ポツダムのシアター・ゲルリッツやハンス・オットー劇場にて上演される作品のアシスタントに就任した後、2002年ベルリンにて「魔笛」で公式に指揮デビューを飾った。以降、多くのオペラ・プロジェクトを手掛ける。常任客演指揮者という立場で、カプフェンブルク・サマー・フェスティバル(ダイムラー・クライスラー後援)のオープニング・コンサートを定期的に指揮、2003年2月~2006年2月まで、ベルリンのフンボルト大学カペラ・アカデミカ・オーケストラの常任指揮者を務めた。

 

2006年8月より、スウェーデン、ストックホルム王立音楽大学にてヨルマ・パヌラ教授に師事、更なる研鑽を積む。2001年~2006年、ロルフ・ロイター教授のもとベルリンのハンスアイスラー音楽大学にて、カペルマイスターおよびオーケストラ指揮を学び、2006年8月、学位を修めた。2001年には、ベルリン芸術大学でラズロ・シモン、エーリッヒ・アンドレアスの両氏の生徒として、ピアノ演奏の修士号を授与された。これに先立って、チューリッヒでは、エッカルト・ハイリガースに師事していた。これまでに、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウやセルゲイ・ドレンスキーらをはじめとした、数多くのマスター・クラスを受講。

 

1975年、韓国釜山生まれ。4歳よりピアノに親しむ。幼少の頃より多数のコンクールに出場し、多くの賞を獲得。13歳でソロ・コンサートデビューを果たした。

 

2008年12月