© Musica Chiara Management LTD. All rights reserved

西澤安澄 Azumi Nishizawa

ピアノ /Piano

西澤安澄は国際的に評価を得ている数少ない若手日本人ピアニストのひとりである。

とりわけスペイン音楽の解釈においては、数少ないスペシャリストとしてスペイン

本国においても高い称賛と、ファリャの遺族はじめスペイン音楽学者から信頼を得

ている。桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業、同大学にて神谷郁代、岡本美智子、

池田素子に学ぶ。その後フランスの巨匠・名教授として高名なドミニック・メルレ

にその才能を見出されて、ジュネーブ音楽院大学院にて師の薫陶をうけた。2002年

に同音楽院のヴィルテュオジテ(演奏家コース)を満場一致の一等賞で卒業後、

スペインを代表するピアニストで名教授のホアキン・ソリアノに招かれ拠点を

マドリッドへ移し世界各国で活発な演奏活動を開始。フランス、イタリア、スイス、

スペイン、ポルトガル、日本、中国の主要な音楽ホールにてリサイタルを行う。

 

日本でのコンサートツアーの他、世界の音楽祭や演奏会シリーズにも定期的に招待されている:ジュネーブ芸術協会の定期演奏会シリーズ(スイス)、フランスショパン協会主催パリ・ショパン・フェスティバル(フランス)、京都千夜一夜音楽祭

(日本)、ヴィチェンツァ春の音楽祭(イタリア)、ロス・クラシコス・デ・ベラノ・エン・マドリッド(スペイン)、トーレシユダ音楽祭(スペイン)、ローブレス音楽祭(スペイン)、エンクエントロス・ファリャ音楽祭(グラナダ/スペイン)、ウベダ国際音楽舞踊フェスティバル(ハエン/スペイン)、 ハエン音楽祭(スペイン)、その他多数。2008年、京都清水寺でクラシック音楽の演奏会としては開帳後初めての奉納コンサートを開催、改装されたスペイン・グラナダ大音楽堂こけら落としのために招待されてリサイタルを行う等さまざまなシーンにおいてソリストとして活躍している。2010年6月に行ったローマでの演奏会はRAI(イタリア国営放送TV)とCANAL10で収録、繰り返し放映されるなど世界各国での活発な活動を評価され、2010年インターネット音楽祭国際親善賞を受賞した。

 

西澤安澄はソロ活動と並行して室内楽のジャンルにも力を入れており、室内楽奏者としても高い評価を得ている。これまで名門、スイスロマンドオーケストラのトッププレーヤーで編成されたスイスロマンド・木管クインテットとの日本ツアー、アッサイ弦楽四重奏団、また世界の一流アーティストとの共演:トランペット奏者のG・アルメイダとのデュオや、ヤマハ・アーティストとして、サックス奏者の須川展也と行ったヨーロッパの主要都市(パリ、ロンドン、マドリッド、ミラノ、ベルリン、ケルンその他)でのコンサートツアーは大好評を博した(2009)。時代楽器を使ったルネッサンス、バロック音楽の演奏にも興味を示しており、バロックフルート奏者のマリアノ・マルティンと共にグループ・エクストラヴァガンツァのコンサートプロジェクトにはチェンバロを用いてコラボレートしている。

 

2010年春には、スペインのレーベルVERSOより「マヌエル・デ・ファリャ ピアノ作品全集」をリリース、スペインが世界に誇る偉大な作曲家ファリャの数少ない、そして初めての本格的なピアノ曲全集CDを造る歴史的プロジェクトとして、ファリャの遺族、スペイン精鋭の音楽学者らの積極的な応援のもと、異例の日本人のピアニストとして起用され、また西澤のスペインでの幅広いユニークな活動が評価されHEINEKEN初のクラシック音楽へのスポンサーシップを得るなど二重の快挙となった。日本ではレコード芸術準特選に選ばれるなど、スペインのみならず各国で販売、好評を得ている。

 

2012年5月には新たにCD「ファリャ:ピアノ編曲全集」(レコード芸術特選盤)を録音し、スペインウベダ市国際舞踊音楽祭の開幕コンサートにてリリース、演奏を行い高い評価を得た。レコード史上世界初のファリャピアノ作品全集という面においても、新たなファリャ作品の資料として注目を浴びている。

 

2003年、映画「福耳」(宮藤官九郎、田中邦衛主演)出演、演奏。2004年、上海師範大学非常勤教授。2006年よりヤマハ・スペイン・ポルトガル専属アーティストとして各地でコンサート、マスタークラスを行っている。

 

「西澤安澄のファリャを聴いて」濱田滋郎(音楽評論家)
西澤安澄の「マヌエル・デ・ファリャ ピアノ作品全集」は、一聴して「心から推せる一枚」と思った、近来まれなほど美しいCDのひとつである・・・・演奏芸術家としての高い資質が、光のしずくのようにきらめいているのに目を見張らされた。ただ正確に弾き上げるのではなく深く心を通わせ、秘められた美まで汲み出してみせる手際は非凡そのもの。ほかのレパートリーもぜひ聴いてみたいと思わせる新星の登場である。
(『FALLA The Complete Piano Transcription』ライナーノートより)

 

Azumi Nishizawa Official Website
OFFICIAL HOMEPAGE