© Musica Chiara Management LTD. All rights reserved

福田一雄 Kazuo Fukuda

指揮者/Conductor

 

1931年、東京生まれ。5歳より絶対音感早期教育を受け、

ピアノをポール・ヴィノグラドフ氏(Paul Vinogradoff・

元モスクワ音楽院教授)に師事。

 

1957年読売ホールにおいて「バレエ音楽の夕べ」を企画し

日本フィルハーモニー交響楽団を指揮、指揮者としてデビューした。

 

以来、内外の各バレエ団の公演に指揮者として、また、音楽構成、

編曲などで参加。NHK招聘の第2回イタリア・オペラ公演の際は

副指揮者を務めた他、NHK・TV「世界の音楽」、テレビ朝日

系列の「題名のない音楽会」の指揮者として内外の多くのソリスト

と共演している。これまで「白雪姫」「みにくいアヒルの子」「不思議の国のアリス」など、子供のためのバレエの作曲も多く手がける。近年は、ミュージカルの分野でも新境地を拓いた。これら、多方面にわたる音楽ジャンルのうち、ライフワークとして関わってきたのがバレエ音楽の研究である。永年、多くのバレエ団との指揮活動の他、バレエ音楽の歴史、および複雑多岐にわたる楽譜の整理と蒐集を行いバレエ界に多大な貢献をしている。

 

シアターオーケストラトーキョー音楽監督、新国立劇場バレエ研修所講師。
受賞 舞踊ペンクラブ賞、橘秋子特別賞
著書 「バレエの情景」

2009年1月現在