© Musica Chiara Management LTD. All rights reserved

エクス・ノーヴォ EX NOVO Chamber Choir and Consort

福島康晴が主宰するイタリア・バロック音楽専門とする古楽アンサンブル。

16~17世紀イタリアの聖歌隊を範とし、各パート1人から3人という少数精鋭のアンサンブルを基調とし、後期ルネッサンスからバロック時代にかけての宗教曲をレパートリーの中心に据えている。コンサートで取り上げる作品は、必ずそのオリジナル印刷譜または手稿譜を研究し、当時の音楽理論書も参照しながら演奏を構築する。ヨーロッパでは頻繁に演奏されるけれども日本ではあまり取り上げられない作品、ヨーロッパの古文書館に収められたまま、まだ演奏されていない未知の作品、そして、既にレパートリーとして定着しているけれども演奏法を再考する必要があると思われる作品を「初めから作り直す EX NOVO (ラテン語)」ことを掲げ2014年に誕生した。
また、福島康晴作曲による合唱をベースにした商業作品も手がけており、これまでにNHK-Eテレの子供向け教育番組『デザインあ』のコーナー「ガマンぎりぎりライン」、最先端のロボットを開発する株式会社メルティンMMIのイメージビデオの合唱音楽、千葉県消防学校の校歌などを制作した。

「ガマンぎりぎりライン」
https://www.youtube.com/watch?v=UTdhq3cbY00

「THE VISION of MELTIN」
https://www.youtube.com/watch?v=OrUdzZKJ50o

「千葉県消防学校校歌」

千葉県消防学校校歌.mp3