© Musica Chiara Management LTD. All rights reserved

東誠三 Seizo Azuma

 

ピアノ/Piano

 

  真摯なアプローチから生まれる多彩な音色と、溢れる生命力によって紡がれる東 誠三の音楽は、近年益々その評価を高めている。

1962 年生まれ。東京音楽大学付属高校から東京音楽大学に進み、井口愛子、中島和彦、野島稔、片岡ハルコの各氏に師事。

 

1983 年、第52回日本音楽コンクール第1 位。 同校卒業と同時に、フランス政府給費留学生としてパリ国立高等音楽院に留学。 日本国際、モントリオール(カナダ)、カサドシュ(アメリカ)など、数多くの国際コンクールに入賞し、演奏活動に入る。

これまでに、ヨーロッパ、北米などでリサイタル、オーケストラと共演し、国内ではN響をはじめ、各地の主要オーケストラにソリストとして招かれている。

 

1998 年には、第24 回ショパン協会賞を受賞。ソロ活動と共に室内楽にも強い意欲を示し、「 ボア・ヴェール・トリオ」での活動をはじめ、 多くのトップソリストたちと絶妙なコラボレーションを聴かせている。

2008 年~12 年には、全8 回のベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会が三春交流館「まほら」にて開催され、好評を博した。

 

2012 年には、ジュネーヴ国際音楽コンクール・ピアノ部門の審査員を務めた。

 

CDは「ベートーヴェン:悲愴&告別ソナタ」、「ラ・カンパネラ~リスト名曲集」、ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全曲演奏会シリーズのライブ録音全9 集等、これまでに多数リリース。いずれも高い評価を受けている。また、「前橋汀子~ヴァイオリン名曲100 選」をはじめ、共演盤も数多い。

  現在、活発な演奏活動と共に、東京藝術大学教授、東京音楽大学非常勤講師、国際スズキ・メソード音楽院教授として後進の指導も行っている。

また、近年では、日本音楽コンクールをはじめ、数々のコンクールの審査を務める他、フランスの「MusicAlp」夏期音楽アカデミー&フェスティバルに招かれている。

 

日本ショパン協会理事。