DuoPassione_コンサートチラシ2022_銀座王子ホール_ページ_1.jpg
DuoPassione_コンサートチラシ2022_銀座王子ホール_ページ_2.jpg

*******

デュオ・パッシオーネ

デビューCD「グラシア」発売記念コンサート

 

4弦+6弦=10弦が奏でる、

パッションとカンタービレの音の万華鏡

 

2022年2月4日(金)18時開演/17:15開場

銀座王子ホール 

 

通常チケット:4,000円

CD付きチケット:7,000円(通常価格より300円割引)

問い合わせ:王子ホールチケットセンター 03-3567-9990(土日祝日定休)

e+(イープラス)050-3101-7711 / アールアンフィニ artinfini.mail@gmail.com

 

主催:アールアンフィニ・レーベル

協賛:株式会社IDホールディングス

後援:株式会社ソニー・ミュージックダイレクト、株式会社ミューズエンターテインメント

 

 

演奏曲

パガニーニ:カンタービレ

クライスラー:中国の太鼓

バルトーク:ルーマニア民族舞曲

ファリャ:7つのスペイン民謡

ファリャ:スペイン舞曲第1番

ヴィラ=ロボス:アリア(カンティレーナ)

インファンテ:エル・ビート(グラシア)

プホール:ブエノスアイレス組曲

ピアソラ:オブリビオン

ピアソラ:天使のミロンガ 他

※曲目は変更される場合がございます。

 

 

デュオ・パッシオーネ

人気、実力ともに兼ね備え、今や円熟の域に達しているヴァイオリン礒 絵里子と、この10年の活躍が目覚ましく、アルバムを出すたびに高い評価を得ているギター河野智美によるデュオ。たびたび共演を重ねてきた二人であるが、2020年9月、鎌倉芸術館でのコンサート「音楽のチカラ」での成功がきっかけとなり、万を持して結成された。弓で奏でる四弦のヴァイオリンと指で爪弾く六弦ギター、合計十弦で紡ぐ音色で追求するのは、はかなさと情熱が同居する音楽。二人の確かなテクニックとパッション溢れる音楽性により、心の深淵に触れる優艶な世界を描いていく。

 

 

ーーー

 

礒 絵里子(ヴァイオリン)

桐朋学園大学卒業後、文化庁芸術家在外派遣研修員としてブリュッセル王立音楽院に留学し、修士課程大賞を受賞し首席修了。マリア・カナルス国際コンクールほか国内外のコンクールで入賞。ソリストとして日本フィル、東京フィル、名古屋フィル、チェコフィル、フランダース放送響他国内外のオーケストラと多数共演し、「知性と感性と技術の実力派」と高い評価を得る。宮崎国際音楽祭へは毎年参加、「題名のない音楽会21」「アインシュタインの眼」「クラシック倶楽部」ほかテレビ・ラジオ出演も多く、2010年よりFMヨコハマ「礒絵里子のSEASIDE CLASSIC」のパーソナリティを務めている。ソロ活動に加え、「デュオ・プリマ」「EnsembleΦ(ファイ)」「椿三重奏団」など室内楽でも多彩な演奏活動を展開。一財)地域創造公共ホール活性化支援事業登録アーティストとしてアウトリーチ活動にも積極的に参加している。 

デビュー以来10枚のCDをリリース。2020年2月に発売された椿三重奏団のCDは「レコード芸誌特選版」に選出された。洗足学園大学講師。

https://erikoiso.jp/

 

河野 智美(ギター)

クラシカルギターコンクールで優勝のほか、東京国際ギターコンクール、アジア国際ギターコンクールなど、国内外のコンクールで入賞。2013年『祈り Oracion』、2015年ジャズクラシック作品集『リュクス』、2017年初のオール・バッハアルバム『The BACH』、2019年スペイン作品集『The Spain』をリリース、いずれもレコード芸術誌で特選盤の評価を得る。2020年サントリーホールでのライブレコーディング『アランフェス』をリリース。日本各地の他、ロシア、韓国、中国、タイ、イタリア、ボリビア、オーストリア、スペイン、ベトナムなど各国に招かれコンサートを行う。2019年スペインバレンシア地方のガンディア国際ギターフェスティバル、スペイン最大のホセ・トマス国際ギターコンクールにてユース部門の審査員を務める。日本女子大学人間社会学部現代社会学科卒。日本・スペインギター協会会長代理。昭和音楽大学、並びに自身の主宰する音楽教室にて後進の指導育成にもあたっている。

https://tomomikohno.com/





*********